所長・スタッフブログ カテゴリ

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度について

2017年10月05日 所長・スタッフブログ
秋らしい気候になってきましたね。周りでは運動会や文化祭、そろそろ大学受験も始まりますね。この時期は、高校や大学等の準備や入学金、授業料などなど、物入りになり、教育資金として、おじいちゃんからとか援助していただけると嬉しく受け取りますが、このお金も、税金(贈与税)の対象になります。基礎控除(110万円)の範囲内では、税金はかかりませんけど、それを超えると、贈与税がかかります。 今回は、平成…

「建物附属設備」「構築物」について平成28年4月1日以降に資本的支出をした場合

2017年09月21日 所長・スタッフブログ
 平成28年度税制改正において、減価償却資産の償却方法について見直しがされました。具体的には、平成28年4月1日以降に取得する「建物附属設備」「構築物」について、選択可能な償却方法が「定額法」に一本化される、という内容です。 もともと、建物については、平成10年4月1日以降に取得したものは「定額法」に限定されていましたので、平成28年度の改正で「建物附属設備」「構築物」も同様の形となりま…

法定相続情報証明制度について

2017年09月20日 所長・スタッフブログ
 平成29年5月29日から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。 この制度は、相続に伴う不動産登記の促進を目的として法務省が創設したものですが、被相続人が不動産を持っていなくても利用できることから、相続手続の簡素化が期待されるところです。 本来、法務局での相続に伴う不動産の名義変更、銀行での被相続人の預金の払戻し等、相続手続の際…

特定居住用財産の買換え特例について

2017年09月05日 所長・スタッフブログ
9月に入り過ごしやすい日も増えてきましたね。今回は、「特定居住用財産の買換え特例」についてお話をいたします。「特定居住用財産の買換え特例」とは、平成29年12月31日までにマイホームを売却し、マイホームを買い換えた時は、譲渡益に対する課税を繰り延べることができる制度です。あくまでも『繰り延べ』ですので非課税にはなりません。この繰り延べられた譲渡益の課税は、買い換えたマイホームを譲渡した時まで繰り延…

アルバイトとして外国人留学生を雇うときの所得税の確認

2017年09月01日 所長・スタッフブログ
最近、コンビニや飲食店などで働く外国人留学生が増えていると思いませんか? 税務上、アルバイトとして雇う外国人留学生への給与は、原則課税であり、その外国人留学生が「居住者※1(国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人)」の場合には国内源泉所得として20.42%で源泉徴収することになるんです。   ※1・・・外国人留学生は、例えば、4年制の大学等に通っているケースが一…

すまい給付金について

2017年08月17日 所長・スタッフブログ
住宅購入の負担を軽減する制度である「すまい給付金」をご存じでしょうか? 「すまい給付金」とは、消費税率引上げによる負担増を緩和するために創設された制度です。自分が住む住宅を取得した場合、申請により、最大30万円(消費税率8%時)の現金を受け取ることができます。消費税率が引上げられた平成26年4月以降に引渡された住宅から、平成33年12月までに引渡され入居が完了した住宅が対象です。「すまい給付金」を…

車体課税の見直し

2017年08月02日 所長・スタッフブログ
平成29年度税制改正において車体課税の見直しが行われました。自動車取得税及び自動車重量税に係るエコカー減税については、 燃費性能がより優れた自動車の普及を促進するという観点から、対象範囲を2020年度(平成32年度)の燃費基準の下で見直され、政策インセンティブ機能を強化した上で2年間延長されることになりました。実施にあたっては、段階的に基準が引き上げられ、 自動車重量税ついてはガソリン車への配慮が…

平成30年分以降の扶養親族等の数の算定方法の変更について

2017年07月31日 所長・スタッフブログ
早々に梅雨明けしたのにも関わらず、なかなか天気が落ち着かない日々が続きますね。突然の豪雨とか。 では早速、平成30年分以降の扶養親族等の数の算定方法の変更について、毎月(日)の源泉徴収のしかたについてお話しましょう。 扶養親族等の算定に当たり、配偶者が源泉控除対象配偶者に該当する場合には、扶養親族等の数に1人を加えて計算することとされ、また、同一生計配偶者が障害者に該当する場合…

ふるさと納税の上限額とワンストップ特例

2017年07月20日 所長・スタッフブログ
6月に入り、今年も住民税の税額決定通知書がお手元に届いたかと思います。昨年(平成28年)にふるさと納税をした方は、確かに税額が控除されているか、確認してみてください。ふるさと納税の上限額(2,000円を除いた寄附相当額の税金が減額される)は、住民税の2割程度と一般的に言われています。総合課税(給与など)のみの場合は、下記の計算式により計算できます。所得税の課税所得金額が、 ①195万円以下(所得税…

住宅ローンについて考えよう

2017年07月12日 所長・スタッフブログ
 今回は税務から少し離れて、住宅ローンについて考えてみましょう。  2016年の2月にマイナス金利が導入されてから、住宅ローンの金利は大きく下がってきています。35年固定金利で1%台前半のものを見ることもありますし、変動金利だと1%を大きく切ったものも多く見かけます。一言で金利と言っていますが、いろいろな種類の金利がありますので、それぞれどういったものか見ていきましょう。 ①店…
初回面談は無料!今すぐご相談!
私たち税理士が全力でサポート
あなたの悩みを解決いたします
075-468-8600
  • 初回面談無料 無料相談会
  • 実績 主な顧客層の内訳・業種
  • 税務情報を更新 スタッフブログ
  • パート募集 求人・採用情報

税理士サービス

    • 法人向け
    • 個人向け
    • 資産家向け
    • 起業家・創業者向け
075-468-8600
お問い合わせはこちら
© 2019 京都ミライズ税理士法人(旧 沢辺税理士事務所)/京都市中京区の税理士 . All rights reserved.
ホームページ制作 by