これから行うビジネスに行政からの許認可が必要かどうか確認して、必要な手続を行いましょう!

許認可とは?

行政機関が国民の行動を適法なものとするために行う規制行為のことです。

特に、許可・認可・検査・認証などに分かれます。

商売を始めるにあたって、許認可が必要な業種は以下のとおりです。

これから創業するにあたって、自分が行う事業・ビジネスが行政からの許認可が必要かどうか確認してください。許認可が必要なサービスの場合、各窓口に問い合わせて自分で手続を行うか、専門家へ任せて手続を進めてください。

受付窓口 業種
保健所 食品製造業(菓子製造・食肉販売・魚介類販売など)
飲食店業(カレー・そば・うどん・弁当・レストランなど)
喫茶店営業
マッサージ業
理容室・美容室業
クリーニング業(取次店を含む)
旅館・ホテル業
ペットショップ店業
など
都道府県庁
その他官庁
旅行代理店業
貨物輸送業
自動車整備業
駐車場業
倉庫業
建設業
産業廃棄物処理業
医薬品・化粧品販売業
不動産業(宅地建物取引業)
酒類販売業
人材派遣業
古物営業
貸金業
麻雀・パチンコ業
探偵業
保育事業
など

ほかにも多数の許認可があり、詳しく知りたい、または、わからないことがありましたら、上記の各受付窓口または専門家へご相談ください。

沢辺税理士事務所からのワンポイントアドバイス

許認可によっては、一定金額以上の資本金が必要であったり、経験・資格などが必要な場合があります。

また業種によっては、許認可を受けることが必須となることもありますので、創業前に許認可を受けることから初めて下さい。

初回面談は無料!今すぐご相談!
私たち税理士が全力でサポート
あなたの悩みを解決いたします
075-468-8600
  • 初回面談無料 無料相談会
  • 実績 主な顧客層の内訳・業種
  • 税務情報を更新 スタッフブログ
  • パート募集 求人・採用情報

税理士サービス

    • 法人向け
    • 個人向け
    • 資産家向け
    • 起業家・創業者向け
075-468-8600
お問い合わせはこちら
© 2019 京都ミライズ税理士法人(旧 沢辺税理士事務所)/京都市中京区の税理士 . All rights reserved.
ホームページ制作 by