記入例を参考に、事業構想について主な項目に沿って、まとめてみましょう!

事業構想とは?

事業構想とは、これから新しく始める事業について、その内容・規模・実現方法などを具体的に考えて、骨組みをまとめることです。

漠然と始めようとしていた事業について、具体的に細かく書き出すことで、さらに事業について深く考えることができ、問題点も細かく浮き彫りになります。

事業構想の主な項目・ひな形

以下の項目に沿って、これから始める事業について、できるだけ具体的な内容をイメージして書き出してみてください。

私の事業計画書

1.事業概要 会社名
代表者
業種
開業予定時期
所在地
電話番号
従業員数
資本金
主な事業(誰に何をどのようなサービスを提供するか)
2.創業・開業の動機・目的 動機・目的(どのような夢を持ってビジネスをしたいと思ったのか)
これまでの職歴・実績
3.事業の目標 将来どのように事業を成長させるか
4.事業の問題点・これからの課題
5.市場の状況・環境 市場規模・競合他社の状況など

事業構想の書き方・記入例

京都太郎の事業計画書

1.事業概要 会社名 株式会社 京都プロダクト
代表者 京都太郎
業種 飲食業
開業予定時期 2015年11月
所在地 京都府京都市中京区木屋町○○-○○
電話番号 075-○○○-○○○○
従業員数 3人
資本金 300万円
主な事業(誰に何をどのようなサービスを提供するか)
20~30代の若者向けに、ビール・日本酒・ワインにこだわった専門居酒屋の開業を目指す。
とにかくビール・日本酒・ワインの種類を豊富にして、どんどんバリエーションを増やしていく。
2.創業・開業の動機・目的 動機・目的(どのような夢を持ってビジネスをしたいと思ったのか)
若い人たちにもっとお酒に触れ合ってもらい、ビール・日本酒・ワインのおいしさを知ってほしい。
これまでの職歴・実績
「(株)京都酒場」にて、5年間勤務した経験を活かして、酒類の仕入れや店づくりを行う。
3.事業の目標 将来どのように事業を成長させるか
1店舗に留まらず、同地域に他店舗出店をし、木屋町を活性化させる。
「ビール・日本酒・ワインを語る会」を主催し、ビール・日本酒・ワインの知識やおいしさを広める。
4.事業の問題点・これからの課題 ビール・日本酒・ワインはとても好きだけれども、専門知識が少ない。
若い女性のニーズを掴み、リピーターを確保できるか不安がある。
5.市場の状況・環境 市場規模・競合他社の状況など
居酒屋事業は飽和状態で、同じ地域にも多数の同業他店があるが、若者向けにビール・日本酒・ワインに特化した専門店は比較的少ない。
特に若い女性に気に入ってもらえる店づくり、メニュー、価格を考慮することで、かなりの顧客ニーズを見込めそう。

沢辺税理士事務所からのワンポイントアドバイス

上記は事業構想の一例です。まずは自分の夢を具体的に書き出してみて、何がその事業の強みであるか、また何が足りないかなどを認識してみましょう。事業計画の第一歩です。

初回面談は無料!今すぐご相談!
私たち税理士が全力でサポート
あなたの悩みを解決いたします
075-468-8600
  • 初回面談無料 無料相談会
  • 実績 主な顧客層の内訳・業種
  • 税務情報を更新 スタッフブログ
  • パート募集 求人・採用情報

税理士サービス

    • 法人向け
    • 個人向け
    • 資産家向け
    • 起業家・創業者向け
075-468-8600
お問い合わせはこちら
© 2019 京都ミライズ税理士法人(旧 沢辺税理士事務所)/京都市中京区の税理士 . All rights reserved.
ホームページ制作 by