不動産に関わる法律である、都市計画法について、基本的なことを理解しましょう!

都市計画法とは?

計画的な街づくりを行う法律で、都市の健全な発展等を目的としています。

都市計画区域とは?

計画的に街づくりを行う必要がある地域を指し、それぞれ市街化区域、市街化調整区域、非線引区域に分かれます。

  • 市街化調整区域・・・市街化区域と市街化調整区域を合わせて線引区域と言います。
  • 非線引区域・・・それ以外の区域を指します。

市街化区域においては、建物の用途・容積・形態についての制限を定める用途地域が定められています。

線引区域 市街化区域・・・住居系・商業系・工業系にわかれ、既に市街化している区域。これから10年以内に優先的・計画的に市街化を予定している地域
市街化調整区域・・・市街化を抑制する区域
非線引区域 市街化区域・市街化調整区域でない区域

開発許可制度とは?

建築物の建築、特定工作物の建設のために土地の区画形質を変更するなど、開発行為を行う場合、都道府県知事の許可が必要です。

都道府県知事の許可を必要とする規模は、以下のとおりです。

線引区域 市街化区域・・・1000平方メートル以上の開発行為は許可が必要
市街化調整区域・・・規模に関わらず許可が必要
非線引区域 3000平方メートル以上の開発行為は許可が必要

京都ミライズ税理士法人からのワンポイントアドバイス

市街化調整区域では、建物建築に制限がかかりますので、基本的に土地の評価額は低くなります。

初回面談は無料!今すぐご相談!
私たち税理士が全力でサポート
あなたの悩みを解決いたします
075-468-8600
  • 初回面談無料 無料相談会
  • 実績 主な顧客層の内訳・業種
  • 税務情報を更新 スタッフブログ
  • パート募集 求人・採用情報

税理士サービス

    • 法人向け
    • 個人向け
    • 資産家向け
    • 起業家・創業者向け
075-468-8600
お問い合わせはこちら
© 2022 京都ミライズ税理士法人/京都市中京区の税理士事務所 . All rights reserved.
ホームページ制作 by