相談無料 075-468-8600 受付時間 9:00~18:00
無料相談会をご希望の方はこちら
税務のこと、会社のこと、日々の仕事への思いを更新

平成30年分以降の扶養親族等の数の算定方法の変更について

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿日:2017年7月31日(月)

早々に梅雨明けしたのにも関わらず、なかなか天気が落ち着かない日々が続きますね。突然の豪雨とか。

 

では早速、平成30年分以降の扶養親族等の数の算定方法の変更について、毎月(日)の源泉徴収のしかたについてお話しましょう。

 

扶養親族等の算定に当たり、配偶者が源泉控除対象配偶者に該当する場合には、

扶養親族等の数に1人を加えて計算することとされ、また、同一生計配偶者が障害者に該当する場合

には、扶養親族等の数に1人を加えて計算することとされました。

 

 源泉控除対象配偶者とは・・・給与所得者の合計所得金額 ⇒900万円以下

               配偶者の合計所得金額   ⇒ 85万円以下

 

 同一生計配偶者とは・・・・・給与所得者の合計所得金額 ⇒制限無

               配偶者の合計所得金額   ⇒38万円以下

 

これに伴い、控除対象配偶者の定義が改正され、同一生計配偶者の該当者

         給与所得者の合計所得金額が ⇒ 1,000万円以下

         配偶者の合計所得金額が   ⇒ 38万円以下

となりました。

 

そう考えると、今回の改正では給与所得者の合計所得金額900万円と配偶者の合計所得金額

は38万円以下は要確認事項になりますね。

 

給与所得者の合計所得金額が900万円以下と900万円超の具体例と具体例の解説

は、下記の国税庁ホームページにて参照

 

 http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/pdf/02.pdf 

 

 まだ先と思っていましたが、平成30年以降の源泉徴収事務の準備と勉強は今からでも良いかもですね。

 

N.K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが皆様をサポート・あなたの悩みを解決いたします 今すぐご相談!初回面談料は無料! 075-468-8600
無料相談会 創業者/税理士変更の無料相談会を随時開催、初回面談は無料です
沢辺税理士事務所の実績 主な顧客層の内訳・業種
所長・スタッフブログ 日々の仕事への思いを更新

最新記事

月別の過去記事一覧

スタッフ紹介
主な対応地域 京都府・滋賀県全域 詳しくはこちら
求人・採用情報
よくあるご質問 お客様からのご質問をQ&A形式で回答
お客様の声 当事務所に対するお客様の反響をご紹介
税務の豆知識 税のこと会社のことなど気になる情報を配信
創業ノウハウ これから創業される方、既に創業された方への情報を配信
FPの基礎知識 資金計画・税金・相続などファイナンシャルプランニングの情報を配信
京都府 税務署一覧 管轄地域・住所・地図・電話番号・交通機関など必要な情報を配信
京都の中小零細企業のベストパートナー 沢辺税理士事務所

〒604-8431
京都市中京区西ノ京原町96-2-2F
TEL:075-468-8600
FAX:075-468-8601

沢辺税理士事務所 外観
アクセスマップはこちら
Facebook
Twitter
会社設立フルサポート.com
相続対策.com
確定申告.com