相談無料 075-468-8600 受付時間 9:00~18:00
無料相談会をご希望の方はこちら
京都の税理士が教える創業の基礎知識・ノウハウ 事業を成功させるための予備知識・ノウハウをご紹介

小切手とは?銀行小切手の書き方と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

商取引で広く利用されている小切手について理解を深め、特徴・書き方を知って活用しましょう。

小切手(こぎって)とは?

銀行小切手は、現金の代わりになるものとして、商取引においては広く利用されている決済方法です。

現金による支払いのわずらわしさと危険を回避するため、振出人が自身の取引銀行に支払いを委託している証券となります。

※同じような決済方法として手形がありますが、小切手と区別して覚えてください。

小切手の主な特徴

  • 取引銀行に当座預金口座を開いて発行を受けられ、現金を持たずに一枚の紙で決済が可能です。
  • 受け取った側は、支払人の銀行に提示するか、または自身の取引銀行に取立依頼をすることで、小切手の金額を受け取ることできます。
  • 小切手の換金提示期間は、振出日の翌日から10日以内のため、振出日をしっかりと確認する必要があります。(最終日が休日の場合、翌営業日まで延長)

小切手の振り出しと換金方法

  • 小切手を発行する場合、当座預金口座を開設し、有料で小切手帳の交付を受けます。
  • 小切手に必要事項を記入し、押印・割り印のあと、支払先に渡し、小切手を振り出します。
  • 受け取った側が、振出人の銀行または自身の取引銀行窓口に提示し、支払いを受けます。

小切手の書き方と注意点

小切手の書き方見本
  • 振出日の記載は忘れずに行ってください。小切手の支払い提示期間に関わりますので、必ず記載してください。
  • 金額の訂正は認められません。手書きの場合は、数字が書き足されることがないように、漢数字で記入してください。
  • 振出人の住所・社名・代表者名を記載後、銀行印と割り印を忘れずに押してください。

沢辺税理士事務所からのワンポイントアドバイス

最近ではネットバンキングが普及したこともあり、小切手を使用する会社は減少しております。

創業時は特に必要なければ当座預金(小切手)は不要だと思います。
もちろんメリットがあれば当座預金を開設して下さい。

また小切手を受取られた場合は、忘れないうちに銀行に持っていって下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

創業ノウハウ カテゴリの前後の記事

創業ノウハウ カテゴリのトップへ戻る
私たちが皆様をサポート・あなたの悩みを解決いたします 今すぐご相談!初回面談料は無料! 075-468-8600
創業ノウハウ これから創業される方、既に創業された方への情報を配信

人気記事ランキング

最新記事

無料相談会 創業者/税理士変更の無料相談会を随時開催、初回面談は無料です
沢辺税理士事務所の実績 主な顧客層の内訳・業種
所長・スタッフブログ 日々の仕事への思いを更新
スタッフ紹介
求人・採用情報
主な対応地域 京都府・滋賀県全域 詳しくはこちら
よくあるご質問 お客様からのご質問をQ&A形式で回答
お客様の声 当事務所に対するお客様の反響をご紹介
税務の豆知識 税のこと会社のことなど気になる情報を配信
FPの基礎知識 資金計画・税金・相続などファイナンシャルプランニングの情報を配信
京都府 税務署一覧 管轄地域・住所・地図・電話番号・交通機関など必要な情報を配信
京都の中小零細企業のベストパートナー 沢辺税理士事務所

〒604-8431
京都市中京区西ノ京原町96-2-2F
TEL:075-468-8600
FAX:075-468-8601

沢辺税理士事務所 外観
アクセスマップはこちら
Facebook
Twitter
会社設立フルサポート.com