2015年07月 月別アーカイブ

法人地方税均等割の税率区分の基準となる「資本金等の額」の改正

2015年07月30日 所長・スタッフブログ
平成27年4月1日以後に開始する事業年度について、法人地方税均等割の税率区分の基準となる「資本金等の額」が改正されました。均等割の税率区分の基準となる「資本金等の額」(地方税法第52条第4項~第6項(第312条第6項~第8項)資本金等の額(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5) ≪改正前≫法人税法第2条第16号に規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結個別資本金等の額 ≪改…

源泉所得税の納付を忘れた場合の不納付加算税

2015年07月27日 所長・スタッフブログ
 今回は不納付加算税について取り上げます。源泉所得税の納期の特例の適用を受けている場合、納期限は1~6月分が7月10日、7~12月分が翌年1月20日になります。原則の毎月納付であればルーチンワークになるので忘れることはあまりないかと思いますが、納期の特例は半年ごとに納付できるので手間がかからない反面、うっかり忘れてしまうことがあります。源泉所得税の納付が遅れた場合、「不納付加算税」という…

同じ年に2か所以上から退職金の支給を受けた場合

2015年07月21日 所長・スタッフブログ
退職金は、長期間の勤務に対する報奨や退職後の生活保障的な性格があるため、給与や賞与などと比べて、非常に税制優遇がされています。主な優遇措置は次の通りです。①課税所得を算定する際、勤続年数×40万円(勤続年数が20年を超える場合は、800万円+70万円×20年を超える年数)が退職金の金額から控除されます。②①の控除後の金額の2分の1だけが課税対象となります。③所得税は累進課税を採用しているため所得が…

税理士が所属する義務のある税理士会について

2015年07月17日 所長・スタッフブログ
税理士は登録すると必ずどこかの税理士会に所属する必要があります。近畿で登録している場合は、近畿税理士会に所属している必要があります。また近畿税理士会の中でもいずれかの支部に所属する必要があり、こちらも登録している住所によって決まります。私の場合は京都市中京区で登録していまうので、中京支部に所属しています。中京支部は京都の中では一番会員数が多い支部で、400名弱の会員がいます。税理士会の各支部には強…

競馬の馬券の払戻金に係る課税の取扱い等~通達の改正

2015年07月15日 所長・スタッフブログ
競馬の馬券の払戻金に係る課税の取扱い等について、最高裁の判決を受け通達が改正されました。従来、競馬の馬券の払戻金等については、払戻金を得るに当たって行った、馬券購入行為の態様や規模等にかかわらず、一律に「一時所得」として取り扱れてきました。最高裁判決の概要競馬の馬券の購入を機械的、網羅的、大規模に行っており、かつ、そうした購入を実際に行っていることが客観的に認められる記録が残されているなどの場合に…

平成27年分の路線価公表、京都は7年ぶり上昇

2015年07月10日 所長・スタッフブログ
平成27年分の路線価公表、京都は7年ぶり上昇 7月1日に国税庁から平成27年分の路線価が公表されました。  路線価は主な道路に面した土地の1平方メートル当たりの評価額を国税庁が1月1日の時点で算定したもので、相続税や贈与税を計算する基準になります。 京都では対前年平均変動率はプラス0.1%となり、2008年以来7年ぶりに上昇に転じました。観光産業が好調のため中心部で上昇し、北部や中部でも下落幅が縮…

相続時に代償分割をする場合の注意点

2015年07月06日 所長・スタッフブログ
代償分割とは、遺産の分割に当たって共同相続人などのうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その現物を取得した人が他の共同相続人などに対して債務を負担するものです。相続財産のうち、土地や建物等の不動産が大きな比率を占めるような場合ですと、それぞれの相続人に対して平等に財産を分配することが困難になります。不動産を複数人で所有することは可能ですが、共有者全員の同意がなければその不動産の全体の売却を…
初回面談は無料!今すぐご相談!
私たち税理士が全力でサポート
あなたの悩みを解決いたします
075-468-8600
  • 初回面談無料 無料相談会
  • 実績 主な顧客層の内訳・業種

税理士サービス

    • 法人向け
    • 個人向け
    • 資産家向け
    • 起業家・創業者向け
075-468-8600
お問い合わせはこちら
© 2019 京都ミライズ税理士法人(旧 沢辺税理士事務所)/京都市中京区の税理士 . All rights reserved.
ホームページ制作 by