相談無料 075-468-8600 受付時間 9:00~18:00
無料相談会をご希望の方はこちら
税務のこと、会社のこと、日々の仕事への思いを更新

平成30年度税制改正 事業承継制度について

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿日:2018年4月20日(金)

 

こんにちは。今回は、事業承継制度の改正について(全5回)お話しします。

 そもそも事業承継制度って何?と思われる方(私もその一人です)もおられるので、

まずは概要をご説明します。

事業承継税制とは、平成21年4月より施行された制度で、「相続税の納税猶予制度」と

「贈与税の納税猶予制度」の2つの猶予制度を併せて、「事業承継税制」と呼ばれています。

対象となる財産は、被相続人が所有している自社株(非上場株式)になります。

非上場会社の事業承継においては、自社株の評価が高く、相続税や贈与税の負担が大きくなり、

株式の承継がうまくいかないことが問題となっていましたので、納税猶予制度が出来ました。

<正式名称>

・「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除」

・「非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除」です。

 

しかし、この制度は適用要件など使い勝手が悪く、幾度か改正が行われてきましたが、まだまだ、

利用した企業が少ないのが現状です。

今回の平成30年度改正では、10年間の特例措置適用要件の緩和をはじめ大幅な拡充が行われます。

 ただし、この特例の適用を受けるためには、以下の2点を満たしてることが条件です。

1.  平成30年4月1日から平成35年3月31日までに、都道府県庁に「特例継承計画」を提出している事。

2. 平成30年1月1日から平成39年12月31日までに、贈与・相続(遺贈を含む)により自社の株式を取得する事。

 <注意点>

平成29年12月31日までに贈与・相続により株式を取得した場合は、

特例の認定を受ける(あるいは通常の認定から特例の認定への切替を行う)ことは出来ません。

 

次に今回の改正ポイントをまとめてみました。 

<税制改正のポイント>

(1)対象株式数上限等の撤廃

(2)雇用要件の抜本的見直し

(3)対象者の拡充

(4)経営環境変化に応じた減免

(5)相続時精算課税制度の適用範囲の拡大

 

平成30年事業承継税制の改正の概要(中小企業庁)参照

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2018/180402shoukeizeiseigaiyo.pdf

 

今回は、ここまで。次回からは、ポイントに沿ってお話しします。

 

K.N

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが皆様をサポート・あなたの悩みを解決いたします 今すぐご相談!初回面談料は無料! 075-468-8600
無料相談会 創業者/税理士変更の無料相談会を随時開催、初回面談は無料です
沢辺税理士事務所の実績 主な顧客層の内訳・業種
所長・スタッフブログ 日々の仕事への思いを更新

最新記事

月別の過去記事一覧

スタッフ紹介
主な対応地域 京都府・滋賀県全域 詳しくはこちら
よくあるご質問 お客様からのご質問をQ&A形式で回答
お客様の声 当事務所に対するお客様の反響をご紹介
税務の豆知識 税のこと会社のことなど気になる情報を配信
創業ノウハウ これから創業される方、既に創業された方への情報を配信
FPの基礎知識 資金計画・税金・相続などファイナンシャルプランニングの情報を配信
京都府 税務署一覧 管轄地域・住所・地図・電話番号・交通機関など必要な情報を配信
京都の中小零細企業のベストパートナー 沢辺税理士事務所

〒604-8431
京都市中京区西ノ京原町96-2-2F
TEL:075-468-8600
FAX:075-468-8601

沢辺税理士事務所 外観
アクセスマップはこちら
Facebook
Twitter
会社設立フルサポート.com